クラウドエンジニア 竹田夏木

クラウドを自身の手札に加えるために入社

前職ではオンプレミス上でのシステム構築と、一部そのトライアル等をクラウド上で行ってきました。サービスとそれを支えるシステムを作り育て守っていくにあたり、クラウドという選択肢を責任を持って選択して提供できるというカードは、必ず持たなければならないと強く感じていました。

オンプレミスの知識が適用できる部分は大いにありつつも、あくまで異なる特性を持つ道具です。提供しているプラットフォームそれぞれの方針、特性があります。 道具は使われたいように使ってやらなければ思うように動かず、長持ちもしません。特性を活かして構築運用を回していくには、生兵法では立ち行かない場面が多々あります。

何かを身につける時、同じテーマに取り組む先達や仲間を持つことが大きな助けになると考えています。会社としてクラウドに取り組み続ける方針と実績を併せ持つフレクトが適していると見て入社しました。

システム開発に必要な一切に挑戦できる環境

入社直後は、オフィスの空気が穏やかで、静かなことが少し意外でした。
高いレベルで結果を出すには、自身はもちろん協働メンバにも高いレベルを要求することになり、傾向として強く主張しあう局面が増えると考えていました。 個々の高い能力と真摯さが、スムーズなコミュニケーションを可能にしています。

現在新規サービスを構築するプロジェクトに要件定義から参画しています。
全工程にメンバ全員、またPJ外の助力やライブラリ資産を活用して当たっています。 近くシステムリリースを迎え、運用・拡張開発にも継続して携わる予定です。

先に入社理由として、クラウド技術を身につけることを挙げました。
サービスをシステムを使って提供するために必要なものは広範です。
要件、業務や運用設計、アーキテクチャやアプリケーションの設計構築を、携わるチームの形成を連綿と続けていく必要があり、挑戦していくことができます。