Salesforce Engineer Salesforce エンジニア 中山 純子 PROJECT STORY 03

プロジェクト概要

不動産関連の営業支援システムで導入して4年目を迎えるシステムでした。その企業のBtoBサイトをAWS上に構築し、SalesforceとAWSを連携しているシステムの大規模な機能追加を実施するプロジェクトで、様々な情報を営業支援システムに集約する仕組みとなっており、多くの営業担当が使用する重要なシステムでした。

STORY

このシステムは、Salesforceで標準設定からApex開発まで幅広く活用していて、BtoBサイトはAWS上に構築しています。SalesforceとAWSの連携案件では、かなり大規模なシステムです。

そのため、技術的範囲も広く、様々な技術が求めれました。
体制は2-3名、1年を通して固定して開発を行う少数精鋭チームです。少数なので必然的にお客様と対面する機会が多く、距離も近いので素早くフィードバックを頂けて、とてもやりがいを感にています。

今までは、Salesforceの開発がメインだったので、AWS案件へのチャレンジは、とても大変でした。メモリ管理やパフォーマンス(設計?チューニング?)など、一般開発では常識のことが壁となることもあり
いかにSalesforceで楽に開発していたかを振り返る良い機会となりました。また自分の不得意な技術に関しては頼れる仲間がいるので心強いです。

私はもともとSalesforceエンジニアだったので、SalesforceとAWSの連携開発に携われたことは、自分の得意分野を活かしつつ新たな技術にチャレンジできて、大変でしたがやりがいもあり面白かったです。また、開発した機能に対するお客様からの素早いフィードバックがあることもやりがいにつながります。お客様に喜んでいただくことが一番嬉しいです。

今後は、Salesforceが得意とするCRMとAWSのサイト運営で、それぞれの得意な技術を組み合わせて、テクノロジーの面からお客様のビジネスに貢献していきたいです。

Salesforce エンジニア

中山 純子

2014年度 入社

ゲームアプリや通販サイトのフロントエンジニアを経験し、前職ではSalesforceエンジニアとして従事。